スポンサーリンク

アナリティクスで自分のアクセスをIPアドレス以外で除外する方法【Google Analyticsオプトアウト アドオン】

アナリティクスで自分のIPアドレスを除外しているのにアクセス数に入ってる…
除外していると思っていたらIPアドレスを確認するたびに番号が変わってる…?
どうやって自分のアクセスを除外すればいいの!

こんな悩みを抱えている方に解決方法を紹介していきます。

私もつい最近まで自分のアクセスが除外できていない、IPアドレスが毎回変わっていることに気がつきました。

なぜIPアドレスが毎回変わってしまうのかはわからないのですが(おそらくポケットWi-Fiだから)、解決方法がわかったので今回ご紹介したいと思います。

具体的には、Googleの拡張機能を追加するだけ!

簡単に自分のアクセスを除外することができますので参考にしてみてください。

結論:Google拡張機能「Google Analyticsオプトアウト アドオン」を入れればOK!

アナリティクスで自分のアクセスをIPアドレス以外で除外するには、Google拡張機能「Google Analyticsオプトアウト アドオン」を入れればOKです。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンの導入方法

STEP.1
Google Analyticsオプトアウト アドオンをDL

下記のリンクから拡張機能をダウンロードします。

Google アナリティクス オプトアウト アドオン

STEP.2
Chromeウェブストアページに遷移するので「Chromeに追加」を選択

確認ポップアップが出たら「拡張機能を追加」を選択します。

STEP.3
導入に成功すると以下のポップアップが表示されます

STEP.4
機能が有効になっているかは拡張機能から確認できます。

STEP.5
一覧に有効にチェックが入っていたらOKです

導入は以上で完了します。

設定等はありませんのでアナリティクスのリアルタイムを確認して、自分のアクセスが反映されていないことを確認できれば除外に成功しています!

「Google Chrome」以外のブラウザ(Internet Explorer 11、Safari、Firefox、Opera)にも対応!

Google Analyticsオプトアウト アドオンは、Google Chrome以外にもInternet Explorer 11、Safari、Firefox、Operaに対応しています。

基本的なブラウザを使用していれば問題がないので安心して利用可能です!

ただし、Internet Explorer の場合は「サードパーティ Cookie 」を有効にする必要があるのでそこだけは押さえておきましょう。

おわりに:アナリティクスで自分のアクセスをIPアドレス以外で除外する方法まとめ

アナリティクスで自分のアクセスをIPアドレス以外で除外する方法をまとめていきました。

やっと自分のアクセスをちゃんと除外することができてよかったです〜!

拡張機能を追加するだけで非常に簡単なので、IPアドレスでうまく除外できない人はぜひ試してみてくださいね。

「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」を入れる!
 

すっちー

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください