内向的な性格のあなたが就活を攻略するために知るべき”5つ”の強み

この記事では、内向的な人が就活を攻略するために知っておくべき強みを紹介しています。

 

内向的な性格って絶対に就活で不利だと思うんだよねー
就活って面接が大切じゃん?話すのが苦手から上手く言いたいこと伝えられないし…
就活がすごく不安で憂鬱だよ…(´;ω;`)

 

こんな人に向けて解決策を紹介していきます。

私も非常に内向的な性格でして、就活はすごく憂鬱でした。

面接が特に苦手意識が強くいつも「やりたくない」と思ってばかり。

そんな私でしたが無事に就活を終えて、現在は社会人として働いています。

そこで今回は、私の体験と『内向型人間のための人生戦略大全』から学んだ内向的な性格の強みを合わせて紹介したいと思います。

内向的な性格で就活が不安な人はぜひチェックしてみてください。

内向的な性格は本当に就活で不利なのか?

内向的な性格の強みを知る前に、まず「内向的な性格は就活に不利」というのは本当なのでしょうか?

何が言いたいのかというと、「内向的な性格が就活に不利」というのはあなたが作った幻想ではないかということです。

例えば面接、内向的な性格の人は確かに話すことが苦手な人が多いです。

 

私も話すことは大の苦手、自分の言いたいことを上手く話すことが「できない」と思っていました。

 

でも実際には面接も通って内定をいただきましたし、会社に入ってみたら「医療系の開発やりたいって言っていた子だよね?気合い入ってる子だなって思ってたよ」と言っていただけました。

ちゃんと私が伝えたかった「医療系の開発がやりたい」ことが伝わって、相手の記憶に残ってたんですね。

話すことが苦手だと思っているだけで、話すことができていたんです!

このような思い込みで「話すことが上手くできない→就活で不利」と思っているパターンはもったいないです。

まずは思い込みを消した上で、強みを活かしていくことを考えてみましょう!

【まとめ】内向的な性格の人が就活で使うべき5つの強み

内向的な性格の人が就活で使うべき強みは以下の5つです。

  • 本質を見出すことが得意
  • 人の話を聞くことができる
  • 優れた分析力を持っている
  • 落ち着いている
  • 辛抱強い

 

以下で強みを順番に説明していきます。

スポンサーリンク

本質を見出すことが得意

内向的な性格の人の強みの1つ目が、本質を見出すことが得意なことです。

内向的な性格の人は外から受け取った情報を常に処理し、考えを整理しています。

この「常に考えごとをする」ことが「本質を見出す力」に繋がります。

本質を見出す力は面接やエントリーシートで非常に役に立ちます。

質問の意味を見出し、内容を誇張しないで性格に伝えられるあなたの強みは、外向的な人よりも長けているため一歩リードできちゃいます。

スポンサーリンク

人の話を聞くことができる

内向的な性格の人の強みの2つ目が、人の話を聞くことができることです。

「本質を見出すこと」にも繋がりますが、人の話が聞けない人は本質を見出すところまでいけません。

あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、真のコミュニケーションにおいて「聞く力」は重要なポイント。

何かを観察したり分析する力が長けている内向的な人は、人の話を聞くことも同時に長けています。

  • 話し相手にとって大切なものは何か?
  • 重要な情報情報は何か?
  • 何がどう関係しているのか?

など、相手が発した言葉の本質を考えられるあなたの強みが活きてきます。

特にグループ面接で活きてきますので思う存分強みを発揮しましょう。

スポンサーリンク

優れた分析力を持っている

内向的な性格の人の強みの3つ目が、優れた分析力を持っていることです。

 

分析力?そんなものが自分にはあると思えないんだけど…

 

残念ながら、分析力は内向的な性格の人なら誰でも持ち合わせている強みではありません。

ここで『内向型人間のための人生戦略大全』で紹介されている、オルセン・レーニ博士が2002年に発表した「内向型人間の2つのタイプ」を紹介します。

内向型人間には、左脳の機能がより高い「左脳人間」と右脳の機能がより高い「右脳人間」の2つのタイプがあるんですね。

左脳は分析や計算や言語理解などの論理的思考を、右脳は直感的思考と視覚的思考をつかさどっています。

以下の項目から自分が右脳人間か左脳人間か確認してみてください。

左脳

  • いろいろな情報をまとめ、処理する。
  • 書き言葉と話し言葉を理解する。
  • 論理的に考える。事実を明らかにし、問題を解決する。
  • 計算する。量を計る。
  • 科学的に考える。
  • 情報を常に取りこむ。

右脳

  • 個々のものを全体と結びつける。
  • 感情やイメージや身体言語を理解する。
  • 直感的に考える。共感する。
  • 映像、型、形、空間を理解する。
  • 芸術的表現をする(演劇や絵画や音楽など)。
  • 個々に処理した情報を全体的に把握する。

あなたは自分がどちらに当てはまると思いましたか?

「右脳」の機能の方が発達した内向型人間は、情報を主観的、直感的に把握します。

心で理解し、感受性が豊かなため芸術的才能を持っていたり、左脳人間よりも一度にいろいろしなければいけない時も対応できます。

一方、「左脳」の機能の方が発達した内向型人間は、理論をもとにして客観的に考えることができるので分析力に長けています。

理知的に考えることができるので、感情的になることがあまりない点も特徴になっています。

左脳人間の方が典型的な内向型人間に近いと言えますね!

 

ということで、分析力を持ち合わせているのは左脳人間です。

あなたは分析力を持ち合わせていましたでしょうか?

 

就活で分析と言えば、「自己分析」ですよね。

自分のやりたいこと、できること、目標など自分への理解をどんどん深めていきましょう。

どんなに就活のスキルを身につけて内定ももらっても、自分のやりたいことや目標が定まっていなければいざ仕事が始まってもすぐに「何か違う」と行き詰ってしまいます。

就活において自己分析は一番深くやるべきことです!

自己分析にはありったけの時間を注いで、自己理解を深めていきましょう。

自己分析をするにあたってオススメの本を以下の記事で紹介していますので、よければ参考にしてみてください!

 

仕事の選び方については「【初耳学】仕事ができる条件と仕事の選び方を紹介|林修vs高学歴ニート」で、林先生が初耳学で言っていた自分の仕事の選び方を紹介しています。

番組の内容があまりに興味深かったので記事にしたのですが、なかなか反響があるのでテレビを見ていなかった人はここで確認してみてください!

スポンサーリンク

落ち着いている

内向的な性格の人の強みの4つ目が、落ち着いていることです。

落ちついているなんて強みにはならないんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はとっても重要です。

まず、「落ち着き」には、外的な「落ち着き」と内的な「落ち着き」の2種類が存在します。

  • 外的な「落ち着き」:外界に雑音などの刺激がないこと
  • 内的な「落ち着き」:精神的な安定

そして、本当の強みになるのが内的な「落ち着き」だけです。

普段の生活から落ち着きを取り入れようとする内向的な人は、外交的な人よりも当然落ち着いています。

落ち着きは就活であれば当然な、面接で必要になってきますよね。

焦って言いたいことを伝えられなかったら合格できるものもできませんし、印象もあまりよくないです。

 

また、心の落ち着きや余裕は相手にも伝染します。

口調を合わせたり、時に沈黙したりすることで話し相手と一緒に深く考えていくことができます。

グループ面接なんかで活きてくる強みですよね。

 

あなたの落ち着いた雰囲気は、場の雰囲気を和ませているんですよ!

スポンサーリンク

辛抱強い

内向的な性格の人の強みの5つ目が、辛抱強いことです。

当たり前ですが、就活は一日や二日で終わるものではありません。

何ヶ月、人によっては何年かかかる可能性のあるイベントです。

それも、ゲームや遊びのように楽しいものとはとても言えない…多くの人が苦しかったり、上手くいかなかったりします。

私が実際に就活して感じたのが、目標を目指し続ける「辛抱強さ」の大切さです。

辛抱強いと、計画を立てたり、大事な会話をしたりしやすくなります。

どうすれば上手くいくのか、どういう考えが重要なのか辛抱強く考えるからなんですね。

これが外向的な人よりも秀でている部分です。

長い時間自分の長所や短所などの性格、話し方や表情などのテクニック、伝え方やマナーなどの多くのことを、就活という長い時間でより良くするために考えます。

考え抜いた人は、考ることを途中でやめてしまった人よりも一歩先に行けます。

あなたの辛抱強さは目に見えにくいかもしれませんが、着実に成功に近づいていますよ。

おわりに:あなたは全然不利じゃない

内向的な人が就活を攻略するために知っておくべき強みを紹介していきます。

少しでもヒントになる部分がありましたでしょうか?

内向的な人は就活に苦手意識を感じているかもしれませんが、周りを見渡してみるとあなたと同じようにみんな苦手意識を感じています。

就活が得意な人なんてそうそういませんし、就活が得意であっても実際に仕事を始めてみたら大したことない人なんてザラにいます。

内定獲得はゴールではありません、大切なのは就活という時期に「自分を見つめ直し本当にやりたいこと、自分にできることを見定めること」だと私は思います。

ぜひ大切な時期に、自分のことをじっくり見つめ直してくださいね。

 

この記事で紹介した『内向型人間のための人生戦略大全』は以下から購入できます。

読み物としても非常に面白いのでオススメです。

就活をやる前に買いたかった一冊です…(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください