【初耳学】仕事ができる条件と仕事の選び方を紹介|林修vs高学歴ニート

この記事では、MBS番組「林先生が驚く 初耳学」の林修vs高学歴ニートの回から、仕事の選び方について紹介をしています。

あなたは2019年1月6日に放送された初耳学の「林修vs高学歴ニート」の回をご覧になったでしょうか?

番組内容は以下のようになっていました。

高学歴ゆえにどこか社会を斜めに見て、社会への不満を募らせるに〝高学歴ニート〟たちに林先生が特別授業!彼らはなぜ働かないのか?「仕事で時間を浪費するくらいなら好きなことをしていたい」、「好きな仕事じゃなければ働きたくない」…そんな彼らの主張に林先生が大反論!!

(引用:林先生が驚く 初耳学 | MBS)

 

私はこの番組をたまたまテレビを点けていて見たのですが、「社会人になる前に知ってきたかった」と目から鱗が出るくらい収穫のある内容でした!

そこで、この記事では就活生や大学生向けに「社会人になって必要な条件」と「仕事の選び方」を紹介したいと思います。

【必見】林先生の教育論から学んだこと

「林修vs高学歴ニート」で興味を持ち、勉強になった内容は以下の2点でした。

  • 仕事ができる人の条件は解決力と創造力
  • 仕事は「やりたいこと」よりも「できること」で選ぶ方がいい

以下で詳しく内容を説明していきます。

スポンサーリンク

仕事ができる人の条件は解決力と創造力

林先生は仕事ができる人の条件に「解決力」と「創造力」を挙げています。

この内容は割とわかりやすくて、社会に出るとひたすら問題を解決するか新しい価値を創造していくんですよね。

なので、仕事ができる人は必然的に「解決力」か「想像力」があると言えます。

今の時代、学歴は本当に関係ない。
やるかやらないか。
ますます林先生好きになった。#林修 #高学歴ニート #初耳学

— hanamaru0to1 (@hanamaru881) 2019年1月6日

上記ツイート(アカウントが消えていたので引用に変えております)でも言及しているように、「解決力」か「創造力」があれば、学歴なんて関係ないんですね。

高学歴ニートの心に刺さる内容であったと思います。

 

上記2点を習得していれば、社会人になっても困ることはまずなさそうです。

スポンサーリンク

仕事は「やりたいこと」よりも「できること」で選ぶ方がいい

私がこの番組の内容で一番興味深かったことは、林先生は仕事を「やりたいこと」よりも「できること」で選んでいたことです。

その理由を説明するために、番組内で以下のマトリクスを用いていました。

 

縦軸にできるかできないかを、横軸にやりたいかやりたくないを書きます。

この縦軸と横軸のどちらの軸で考えるかが人生の分かれ目だというのです。

あなたは縦軸を基準にしていますか?横軸を基準にしていますか?

 

私は横軸の「やりたい」「やりたくない」を基準に会社を選びましたね!

 

ちなみに横軸を選んだ人は「ジョブズ型」で、好きなことを貫くタイプです。

縦軸は「多くの他者が認めるできる」という意味でのできるできないになっています。

林先生はこちらを大事にしているんです、なぜか。

「やりたい」「やりたくない」「好き」「嫌い」は偶然である、「できる」「できない」は必然であるからです。

 

私たち人間の願望は”環境”や”情報”など外部の要因に出会ったもの。

例えば、あなたは今「ゲームを作りたい」を考えているとします、しかし、もし100年前にあなたが生まれていたら「ゲームを作りたい」という願望はなかったはずです。

ゲームなんてものはないから「ゲームを作る」という考えに及ばないんですね。

よって、願望は環境や情報に左右される”偶然”生まれたものであると考えています。

林先生は「やりたいこと」は絶対的なものなのか、情報が内部化されて自分の思いにすり替わっていないのか?と疑問に思ったんですね。

 

一方、「できる」は偶然ではなく必然だと言います。

林先生は「やりたくないけどできる」事が平気でできるタイプの人です。

その例が、現在の職業である予備校の塾講師。

林先生は「やりたい」と思っていないが、ピンチヒッターで行ったどの塾でも「ずっと講義をお願いしたい」と言われるんだとか。

これが「多くの他者が認めるできる」ということですね。

 

塾講師をやる前の林先生は、投資や企業の設立など好きなことをやっていた時期があったそうです。

その当時は同期が六本木などで羽振りをきかせ楽しんでいるという「情報」をよく耳にしていましたが、後に「情報」に踊らされていたと気づきます。

その時、「やりたいかどうか」の軸で仕事を決めるのはやめて「できるかできないか」で考えるようにしたと言っていました。

スポンサーリンク

好きで仕事をするのは本当に楽しいのか?

最後に、林先生が「好き」に重きを置いて仕事をした時の失敗が心に残ったので紹介します。

林先生はあるとき、出版社の編集さんに「自己啓発本を書いてほしい」と言われます。

その当時、林先生は自己啓発本を一度も書いたことがなければ、「自分には書けない」と思っていたのですが、周りからは「自己啓発本が書ける人」だと思われていたわけです。

これも「多くの他者が認めるできる」ですね。

林先生は「やりたくない」と思いながらも自己啓発本を書き、結果的にその本は重版がかかるくらいヒットしました。

林先生が書いた本を読んだ読者からは「とても役に立ちました」と感謝の声もいただいたようです。

 

その後、同じ出版社から「林先生の書きたい内容で本を作ってほしい」と依頼が来ました。

その話を受け、林先生が書いた「好きなこと」をまとめた本が以下の本です。

 

この本は残念ながら全然売れず、出版社にも迷惑をかけ、かつてはヒット作を出したにも関わらず売れなかったという「屈辱」を感じたと話先生は語っています。

 

どうでしょう?

好きなことをしても楽しいとは限らないという良い例ではないでしょうか。

「好きなことをしても意味がない、できることをやればいい」という話ではありませんが、改めて自分の「好きなこと」と「できること」を見つめてみるべきだと私は感じました。

おわりに:林先生の教育論に胸を打たれました!

MBS番組「林先生が驚く 初耳学」の林修vs高学歴ニートの回から、仕事の選び方について紹介をしていきました。

少しでもあなたの仕事観に響く部分があれば嬉しいです!

たまたまテレビをつけていただけなのですが、いい番組を見ることができたなーと得した気持ちになりましたヾ(*´∀`*)ノ

  • 仕事ができる人の条件は解決力と創造力
  • 仕事は「やりたいこと」よりも「できること」で選ぶ方がいい
  • 好きなことをやるのが本当に楽しいかどうかはわからない

あなたも就活前や転職前に上記の内容を一度考えてみてはどうでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

2 Comments

アバター yy

コメント内「縦軸」「横軸」が途中から逆になっているように思います。縦軸=できる、できない 横軸=やりたい、やりたくない ですよね?

返信する
すっちー すっちー

yy様
コメントで教えていただきありがとうございました!
完全に縦と横が逆になっていましたね…(笑)
修正させていただきました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください