スポンサーリンク

就活生の自己分析でオススメの本は『メモの魔力』(前田裕二)一択!【書評・読書感想】

就活で大切なのは「自己分析」ってよく聞くけど、やり方がよくわからないんだよね…就活向けの本はたくさん売ってるみたいだけど、どれがいいかわからないし、オススメ本とやり方を教えて欲しい!

就活生

こんな疑問に答えていきます!

就活で必ずと言っていいほどやれと言われる「自己分析」

就活生だった当時の私もやり方がよくわからないまま進めていました。

やりたい仕事や自分の好きなこと、長所、短所などよく聞かれそうな項目をリストアップして、答えを必死に考えた覚えがあります。

 

すっちー

これやった意味あるのかな…?結局、この先どうすればいいかわからないや

という思いを抱えたまま、何とか自分が希望している仕事をしている会社に就職しました。

私は幸いにも今の仕事は割と好きで、人間関係には苦戦しているものの年を越すことができました。

できれば自分のやりたいことを見つけ一度で終わらせたい就活、そんな悩める就活生の自己分析におすすめ本が前田裕二さん(@UGMD)のメモの魔力です。

この記事を読めば、

  • メモの魔力』が自己分析におすすめの理由
  • 就活生にも役立つメモの取り方
  • メモの魔力』並びに前田さんの魅力

がわかるようになっています。

自己分析のやり方に悩んでいる、就活を価値あるものにしたい就活生の方はぜひ最後まで読んでいってもらえればと思います!

 

単行本よりもKindleの方が安く読めます!まだKindleを持っていない方は最新モデルを使ってみては?

 

\ Kindle Unlimitedで30日間無料読み放題 /

 

Kindle Unlimitedを30日間無料で試してみる
 

なぜ自己分析に『メモの魔力』がおすすめなのか

私が就活生の自己分析に『メモの魔力』をオススメする理由は以下の3つです。

  1. メモのとり方が具体的にわかる
  2. メモを取ることで5つのスキルが身に付く
  3. 自己分析が完璧にできる

すっちー

順番に説明をしていきますね!

1.メモのとり方が具体的にわかる

就活生の自己分析に『メモの魔力』をオススメする理由の1つ目が、メモのとり方が具体的にわかることです。

メモのとり方なんてあるの?大事なことをとりあえずダーっと書けばいいんじゃないの?

就活生

こんな風に思っている人にこそ『メモの魔力』を読んでほしいです。

 

大事なことを書くことはもちろんなのですが、前田さんが提唱するメモのとり方は「事実を書き留める」だけに留まらず「事実から何が言えるのか深く考える」ところまでできるんですね。

前田さんのメモ術を利用したメモが以下のツイートです。

こんな感じでメモを綺麗にとることができます!

メモの魔力』でかなり具体的にメモのとり方が紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

前田さんも愛用している「モレスキン」のノートはこちら↓

 

前田さんはお気に入りの「フランクリン・プランナー」の手帳にもメモしています!

 

 

2.メモを取ることで5つのスキルが身に付く

就活生の自己分析に『メモの魔力』をオススメする理由の2つ目が、メモのとることで5つのスキルが身に付くことです。

著者の前田さんはメモをとることで、以下の5つのスキルが身に付くと言っています。

  1. アイデアを生み出せるようになれる
  2. 情報を素通りしなくなる
  3. 相手のより深い話を聞き出せる
  4. 話の骨組みがわかるようになる
  5. 曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる

 

どうでしょう、メモをとるだけでこれだけのスキルが身につくのだとしたらやってみる価値があるように思いませんか?

なぜ価値があると思うのか、それは就活中はもちろん社会人になっても上記5つのスキルは絶対に必要になるからです。

 

会社内の大切な情報は当然知っておかなければならないですし、話の骨組みがわかることも会議や打ち合わせの場面で必要。

相手の深い話を聞くことや曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになるスキルは、仕事以外でも大切なスキルですよね!

 

これら5つのスキルが、前田さんのメモ術でゲットできるので『メモの魔力』をオススメの本として紹介しているんです。

3.自己分析が完璧にできる

就活生の自己分析に『メモの魔力』をオススメする理由の3つ目が、自己分析が完璧にできることです。

就活生にとってこれほどの魅力はないのではないでしょうか?

なぜ自己分析が完璧にできるかというと、『メモの魔力』の巻末には1,000問もの自己分析用の質問が付いているんです。

100問じゃないですよ?1,000問です。

あなたは自分のことを知るために、1,000問もの質問に答えたことがあるでしょうか?

すっちー

私なんて100問も答えたことがないですよ…

さすがに1,000問もの質問に答えたら、自分が何をやりたいのか、どういう将来を描いているのか、少しだけでも知ることができると思いませんか?

  • メモの具体的なとり方
  • メモをとることによって習得できるスキル
  • 1,000問も自己分析用の質問が付いている

 

上記3つの内容が1,500円で習得できるので、間違いなく『メモの魔力』は就活生にオススメの一冊です。

おわりに:『メモの魔力』を読んで今すぐ自己分析を始めよう!

前田裕二さんの著書『メモの魔力』を紹介していきました。

  1. メモのとり方が具体的にわかる
  2. メモを取ることで5つのスキルが身に付く
  3. 自己分析が完璧にできる

上記の内容に少しでも興味を持った方は購入してみるといいです。

買って損しない内容になっていましたよ!

特に、これから就活を始めようと思っている就活生や、暇している大学生に読んでほしいです。

自分がこれからどうしていけばいいのか、本当は何がしたいのか見えてくるはずですよ。

 

ちなみに『メモの魔力』はバカ売れしているので、店頭でも品切れが多発しています。

見つけたらお早めに購入することをオススメします(`・ω・´)

今回紹介した本はこちら↓

 

前田さん愛用アイテムはこちら↓

 

すっちー

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください