【読書】はあちゅうさんが注目している本23冊をまとめました

この記事では、はあちゅうさんがツイッターで注目しているまたはオススメしている本23冊の情報をまとめています。

著名人がどんな本を読んでいるのか、どんな本をオススメしているのかってとっても気になりますよね?

「私も〇〇さんのようになりたい!1歩近づきたい!」なんてときに、その人が読んでいる本や行動は真似したくなるものです。

そこで、今回は小説家、ブロガーとして活躍しているはあちゅうさん(@ha_chu)がツイッターでオススメしている本を紹介していきたいと思います。

 

はあちゅうさんは多くの種類の本を読む読書家でも知られています。

そんな読書家兼小説家のオススメしている本、読書好きとしては絶対チェックしておきたいですね!

 

この記事を書いているのは、年間200冊以上の本を読む読書が好きな20代の新米社会人です。
はあちゅうさんが読んでいる本が気になっていたのでまとめてみました!

 

Contents

はあちゅうさんのオススメ本まとめ

「小顔」ってニホンではホメ言葉なんだ!? ~ドイツ人が驚く日本の「日常」(サンドラ・へフェリン)

 

ドイツ人の著者が日本で感じた素朴な疑問や驚き、ドイツ人の面白さや意外な一面が紹介されているんだとか。

日本の見え方がちょっぴり変わる一冊。

 

 

マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法(エミリー・ワプニック)

 

 

「マルチ・ポテンシャライト」とは、自分の好きな複数の分野で活躍することができる才能を持つ人のこと。

世界が注目するマルチ・ポテンシャライト論がぎっしり詰まっている一冊になっています。

「中途半端で飽きっぽい」「何をやっても長続きしない」そんな人に読んでほしいはあちゅうさんオススメの本です。

 

 

マイデリケートゾーン(岩崎 う大)

 

全ページ下ネタという漫画、キングオブコント優勝のかもめんたる・岩崎う大さんが描いている作品。

独自の世界観とユーモアがあり普通の漫画に飽きてしまった人にオススメです!

 

 

才能の正体(坪田信貴)

 

あの有名な「ビリギャル」の著者であり先生でもある坪田信貴さんが書く「才能の正体」。

私も読みたいと思いつつまだ読めていない一冊。

はあちゅうさんはしっかりチェックされていましたね!

 

 

帝王の誤算 小説 世界最大の広告代理店を創った男(鷹匠裕)

 

帝王と呼ばれた広告マンが築いた黄金時代と闇が描かれた一冊。

はあちゅうさんが「生々しい」と漏らすこの小説。

読んでみたいと思ってしまいますよね!

 

 

成功者の告白(神田昌典)

 

 

はあちゅうさんもR25の編集長もオススメしている本書。

事業やビジネスを成功させたい人は一読しておきたい一冊です。