IT系の会社は女性にとって働きやすい?実際に働いて感じたことをまとめます!

スポンサーリンク

f:id:mono-lvx:20180719204906p:plain

最近は女性でもSE(システムエンジニア)、PG(プログラマー)など、IT関連の会社で働く人が増えてきましたよね。

私も新米SEとしてお仕事に日々取り組んでいます!

といっても、まだドキュメント作成とかテスト実施くらいしか関わっておらず、コードをバリバリ書いたりお客様とやりとりしているわけではありませんが(`-д-;)ゞ

 

そんなIT企業やSEといった仕事をパッと聞くと「男性社会」「実力主義」といった言葉が思い浮かぶのではないでしょうか?

「まだまだ男性が多く、女性は働きづらいのではないか?」

そんな疑問を持っている人が少なくないと思います。

そこでこの記事では、実際の現場はどうなっているのか、本当に働きづらいのかを新人として入社した私が感じたこと、また働くにあたって必要になるアイテムを紹介したいと思います。

 

 

圧倒的に男性が多い!

f:id:mono-lvx:20180719195030j:plain

やはりIT系の会社は男性がたくさんいます。

その比率はおよそ男:女=30:5、6人に1人女性がいるって感じですね。

個人的には3人に1人が女性くらいの比率になると、嬉しいかなって思います!

女性がいるに越したことはありません。

 

そんな男性ばかりがいる環境ですが、周りの男性たちは優しい人たちばかりなので居づらさ、働きづらさはありません。

セクハラ問題を気にしてか、あまり余計なことはしない雰囲気が漂っています(笑)

いいのか悪いのかはさておき。

あと、思っていたよりも課長や先輩がみんな面白い人ばかりで、気さくな人が多いです。

もっと堅物で真面目な人ばかりがいるんだろうなと身構えて入社していたので、驚きでした(笑)

 

女子会なるものがある!

f:id:mono-lvx:20180719195929j:plain

女性が少ないからこそ女性同士の結束は強くなるのかもしれません。

私の会社では週に一度、女性社員みんなでランチを食べに行く習慣があります。

 

女性同士ならではの会話ができていい息抜きになっています。

女性先輩といっぱいお喋りができ、仲良くなれるいい機会なので積極的に参加しています!

 

会社のことからショッピングやドラマの話など、普段女子会をすることのない私にとっては新鮮です。

 

また、私の会社の先輩は結構真面目な人が多いのか、どうしたら挑戦したいプロジェクトに参加できるかなど仕事に対するアドバイスをくれます。

先輩たちが関わってきた仕事の話も聞け、モチベーションにつながりました。

こうやって先輩方のお話を聞ける機会が増えるのはいいことですよね。

 

産休・生理休など女性社員向けの対策もされている!

f:id:mono-lvx:20180719205117j:plain

 

IT系の会社ってそもそも残業が多かったりお休みを取りづらそうなイメージがあるかと思いますが、ちゃんと有休や産休を使っている上司、先輩たちばかりです!

 

産休や、生理休暇といった女性を配慮した休暇が充実しているのにも意外性がありました。

生理は人によってつらさが全然違うので、重い人にはありがたい制度ですよね!

私は比較的軽いので使う機会はなさそうですが、体調が悪いときは無理せず休みを取る風潮になっています。

 

この前、風邪で体調を崩したときも問題なくお休みをいただけました。

 

会社内の冷房がすごい!寒さ対策が必要!

 

夏場はとにかく冷房がガンガンに効いています!冷え性の人は注意です!!

 

男性が多いためなのか会社内の冷房がとにかく効いていて、羽織りものがなかったら風邪引くんじゃないかレベルで寒いです。。

冷え性の人は夏場でも絶対に羽織りもの・ひざ掛けなどの冷房対策をした方がいいです!

会社の冷房で風邪を引いたなんてことになったら、とんだ笑い者になってしまいますからね…。

 

何もかも平等に扱われます! 

「女性だから電話対応やってね」

「女性だからドキュメント作成得意でしょ?よろしく」

みたいな男女で不平等な扱いを受けることは一切ありませんでした。

まぁ今どきそんなことがあったら問題になりかねませんからね、男女平等です。

 

また、女性社員は少ないしトイレの数とか少ないんじゃないのかな?と思っていましたが、環境面でも不平等はありません。

女性だからといって何か不遇がなかったのは、安心できてよかった点ですね。

 

SE必須アイテム7つ

f:id:mono-lvx:20180616163229j:plain

ここからは男女関係なく、IT系の会社で働いていて必要だなと思ったアイテムを紹介していきたいと思います。

 

アイテム①:目薬

 一日中パソコンを使って作業をするので、目の疲労は免れません。

目薬は絶対に必要なアイテムです!

 

特に、差したらスーッとするタイプの目薬をすると目がよりリフレッシュされますし、眠気も覚めるのでオススメ。

 

 

私はいつもロートCキューブのアイスクールを使っています!

 

アイテム②:ブルーライトメガネ

正直効果を実感したことはありませんが、目を悪くしたくない、目を疲れさせたくない人はブルーライトメガネを使用してみてはどうでしょうか。

 

パソコンと睨めっこしていると目が悪くなるのは必然です。

試さないよりは試してみる精神で私も使っています。

 

アイテム③:参考書

「SEは一生勉強し続ける職業だ」と先輩社員の人に教わりました。

ITの世界はどんどん技術が進歩しているので、学ぶ姿勢を持っていないと仕事にならないと言っても過言じゃありません。

 

言語についての参考書や、仕事に関係する本を持つのは必須だと思います。

  

アイテム④:コーヒー・エナジードリンク

納期ギリギリになると残業も止むを得ない、そんなときに力になってくれるのがコーヒーまたはエナジードリンクですね!

 

 

私の隣に座っている先輩は毎日飲んでいます…。大丈夫なのでしょうか…?

 

アイテム⑤:羽織もの・ひざ掛け

冷房対策で話した通り、会社の冷房がキツいときは必須のアイテムです。

冬もきっと寒いので、冬にも活躍すること間違いなし! 

 

アイテム⑥:コミュニケーション力

これは最重要アイテムですね、右も左もわからない新人の私は常にいろんな人のお世話になりっぱなし、人と話すことに慣れていない人は用意しておきましょう。

 

私はいつも先輩に話しかけるタイミングをうかがっては話せない、なんて状況によくなっています…。もっと素を出して気軽にしていいんだよ!なんて言われてしまいました(笑)

 

素を出せないでパフォーマンスが落ちてしまうのはもったいない!言いたいことは言っていこうという上司からのお声で、最近は気を使いすぎないように気をつけています!

コミュニケーション力がない、不安だという人は会社に入る前に克服しちゃいましょう。

 

 

アイテム⑦:強いメンタル

心が折れそうになったときにグッと堪えられるメンタルがあると働きやすいんじゃないかなと個人的には思います。

 

もちろん、上司に嫌がらせを受けた、理不尽な扱いをされているなど自分ではどうしようもない問題は仕方ないのですが。

 

「先輩にめっちゃ怒られた…もうおしまいだ…!!」

と嘆くのではなく、何がいけなかったのか、次同じような状況になったときどうすればいいのかを冷静に考える、そんなメンタルと思考力が必要。

 

落ち込みやすい人は、怒られたからダメと考えるのではなく、次どうしようかと未来に目を向けてみるといいと思います!

私はメンタルが弱い方なので、もし同じような人がいたら一緒に頑張りましょう!

 

まだがっつり怒られたことがないのですが、怒られたとしても落ち込みすぎないように気をつけます!!

 

結論:女性にも働きやすい環境はできてる!

f:id:mono-lvx:20180616145254j:plain

IT関係の会社は女性でも働きやすいのかどうかをまとめていきました。

実際に働いている感想としては、全然女性でも働きやすい環境ができている!ということ。

社員さんたちも女性に優しく、夜は暗くて危ないから早めに帰るようにと早めに上がらせてくれたりもします!

もっと男性社会で厳しい環境だと思っていた私からしたら、優しすぎて拍子抜けしてしまいました(笑)

 

もし環境面で働くことに悩んでいる人がいたら、IT系企業の一例として参考になっていれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

 

当ブログでは、お仕事の体験談や本のレビューを書いています。もし気に入っていただけましたら読者登録・はてブ・スターもよろしくお願いいたします!

  

よければ下記のシェアボタンから記事をシェアしていただけると、管理人が跳んで喜びます ヾ(´ρ`)ノ゛↓↓↓↓↓↓↓↓