【読書嫌い必見】読書を楽しむにはどうしたらいいのか?楽しくなるコツを5つ紹介!

f:id:mono-lvx:20180708141534p:plain

小学生の頃から本・読書が大好きなすっちー(@succhi104)です!

突然ですが、読書って素晴らしいですよね。小説に心が躍り、自己啓発本で自分を高め、良くも悪くもたくさんのことを学べ、”読書は最高の自己投資”とも言われます。

 

そうなんだろうけど、読書ってどうにも苦手なんだよね〜。文字をずっと見てられないっていうか…。

そんな読書が苦手な人のために、読書が楽しくなるコツを5つ紹介していきたいと思います!

それはありがたい!ぜひ教えて!!

 

「本を読む」ことについて深く考えたことがなかったので、この機会に自分の考えをまとめたいと思います。

 

 

読書を楽しむ方法

コツ1:読む時間を決めなくていい

f:id:mono-lvx:20180715161306j:plain 

本を読むときに「◯分間は読む!」って時間を決めてたりしない?

そうだね、せっかく読むんだから「ここまでは読む!」って決めないともったいない気がして…。

 

私は読む時間を決めてしまうのをオススメしていません。

時間や締め切りを決めるって、なんか”義務感”を感じませんか? 

私の中で読書は楽しむものなので、義務的に読書をするつもりはありません。

なので時間を気にせず読みたいときに読む。3分しか読めなくても読みたいから読む!逆に読みたくないときは無理して読まない。

 

時間を気にするのではなく、「読みたい、読みたくない」という自分の気持ちを優先してみてはどうでしょうか?

「読みたくない」気持ちが優先しているときは、あなたにとってまだ読書が必要ではないのかもしれません。

 

コツ2:全部読まなくていい

f:id:mono-lvx:20180717223408j:plain

本を読むと決めたからには全部読まないといけない。そんな風に思っている人がいるかもしれませんが、全部読まなくても問題ありません!

途中で読む気がなくなったり、もう必要ないと思ったら読むのをやめちゃいましょう。

 

途中でやめるって何だかよくない気がするんだけど…

そんなことないよ!読みたいだけ読めばいいの!!

 

本はあなただけに向けたものではありません。文章を読むのが得意な人にとっては簡単な内容でも、文章を読むのが苦手な人にとっては難しく感じることが多々あります。

「ちょっと内容についていけない…難しい…(´;ω;`)」

そんなときは読むのをやめて、もっと自分に合った本を探してみるのはどうでしょう?

 

コツ3:すべて吸収しなくていい

f:id:mono-lvx:20180718214137j:plain

本に書いてあることを全部覚えよう、本の内容を全部試してみなきゃと思っている人がいるのではないでしょうか?

ハッキリ言って、全部覚えるなんて無理です!

 

やっぱり無理だよね、読んでて覚えようと思えば思うほど頭に入らなかったり…。

全部覚えようとするんじゃなくて、大切なことを1つ覚えるならどう?

それならできるかもしれない!!!

 

本から何か1つでも大切なことを得られれば、あなたにとって有益なことです。

「全部欲しい!」と欲張ってすべて失うより、1つを大切にしてみるといいかもしれません。

 

もしくは、「またこの本から学びたい」と思ったときに2回、3回と読み直す方法もオススメです!

1回目で1つ覚える、2回目で1つ覚える、と目標を立てて、復習がてらコツコツ学ぶと記憶に定着しやすいですよ。

 

コツ4:読みたい本を読めばいい

f:id:mono-lvx:20180718220216j:plain

「みんなが読んでいるから私もこの本を読まなきゃ…」

「あの有名な◯◯さんがオススメしているなら読まなきゃ!」

周りに影響されて読む本を選んでいる人はいませんか?

それは本当にあなたにとって必要な本なのでしょうか?

 

うっ…そう言われると「なんでこの本読んでいるんだっけ?」って目的を見失っちゃうときがあるかも…。

そんなときは一度、本を読む目的を振り返ってみるといいかもね。あとは楽しむ気持ちを忘れずに!何をやるにも楽しさは必要だから!

 

「今、この本読んでみたいな」っていう心の声が大切です。

読みたい本が見つかったら、さっそく手に取って読んでみましょう!

 

いつもビジネス書を読んでいるけど、たまには小説を読んでみる。逆に小説をいつも読んでいる人はビジネス書や自己啓発本を読んでみるなど、気分転換をしてみるとより読書の楽しみ方の幅が広がると思います。

 

コツ5:買っても借りてもいい

f:id:mono-lvx:20180718221304j:plain

 

本は借りずに買って読めって聞いたことがあるんだけど、これって本当なの?

確かに買って読むと、自分の気になった部分に印を入れられたりして便利だけど、そこまでこだわらなくていいと思うよ?

 

本を買って読むか、借りて読むか問題について。

賛否両論あると思いますが、私は別にどちらでもいいと思っています。

 

「買ってまで読むつもりはないんだよな…」って人は図書館や友だちから借りて読んでみてから、買うか買わないかを決めるのはどうでしょう?

 

「せっかく買って読んでみたけど、何だかイマイチだった…」

買って損した気分になるって非常にもったいないと思うんです。

読書の楽しさが失われるような、そんな感情になってほしくない。

なので、買うかどうか迷ったのであれば一呼吸置いて考えてみてください。

 

最近はアマゾンやネット上で試し読みができたりするので、冒頭を読んで買ってみる方法もいいかもしれませんね!

 

おわりに:楽しむ心が大事、無理して読書しないで! 

f:id:mono-lvx:20180718222128j:plain

読書を楽しむ方法を5つまとめていきました。

少しでもあなたにとって参考になる部分があれば嬉しいです!

 

私は小学生の頃から読書が好きでしたが、高校生のときは読書をあまりしていませんでした。

どうしても読む気になれなくて代わりにゲームばかりしていたのですが、大学生になったらまた自然と本を読みたくなったんです。

 

読書が好きになってからずっと本を読み続けている人もいるかもしれませんが、何かをずっと続けるって難しいです。

私みたいに、途中で読まなくなってもまた読み始める人もいます。

今、本を読みたいと思えない人も自然と読める日が来るかもしれません。

 

ぜひ自分の心の声を聞いて読書を楽しんでみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

 

当ブログでは、お仕事の体験談や本のレビューを書いています。もし気に入っていただけましたら読者登録・はてブ・スターもよろしくお願いいたします!

  

よければ下記のシェアボタンから記事をシェアしていただけると、管理人が跳んで喜びます ヾ(´ρ`)ノ゛↓↓↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください