【池袋】ふくろうカフェ”あうるぱーく”はインスタ映え間違いなし!【おすすめ】

f:id:mono-lvx:20180618204056p:plain

「仕事疲れた〜癒されたい〜」

「動物って癒し効果あるよね、でも飼えないわ〜」

「アニマルカフェって流行ってるけど、行ったことないな〜」

「え、”ふくろうカフェ”なんてあるの!?知らなかった…」

そんな感じで、ふくろうと触れ合う機会ってないし行ってみたい!と思った私は先月、池袋にある”あうるぱーく”というふくろうカフェに行って来ました!

 

あうるぱーくさん、とてもステキなお店だったのでブログに書きたい!と思ったので、この記事ではあうるぱーくについて、オススメポイントなどを紹介したいと思います。

 

ふくろうカフェって知ってるけど気になる、私と同じくふくろうカフェの存在を知らなかった人、ふくろうと触れ合いたい人は要チェックです!

 

 

あうるぱーくとは?

あうるぱーくは池袋にある、ふくろうとハリネズミに触れ合える体験型ふくろうカフェです!

可愛いふくろう達を間近で観察できたり、餌やり・触れ合いができたり、自分の腕に乗せてみたりと、ふくろう達と様々な体験ができちゃうんです。

 

ふくろうが室内のいたるとこにいるので、自由度が高いです!

基本的には大人しくその場にとどまっているのですが、中には人が寄ってくるとふくろうから人に近づいてきたりする子もいたりと、ふくろう達の個性を感じられます。

 

  • ふくろうと一度は触れ合い体験をしてみたい
  • アニマルカフェが好きな人
  • 日々の疲れを癒したい人

上記のような方にはピッタリの場所になっているので、ぜひ訪れてみてほしいです٩(●˙▿˙●)۶ 

ふくろうを見る機会もそうそうないので、すごくいい体験になりましたよ〜!

 

 

東京で人気のフクロウカフェ(owlcafe)東京の池袋駅西口でフクロウ&ハリネズミに触れ合え❗ エサやり・フライト体験できる体験型フクロウカフェ&ハリネズミカフェ☆時間無制限入場料1200円11時~20時 当日予約なく入店可能!東京都豊島区西池袋3-30-11出口1a近く℡03-3984-1097

(参照:あうるぱーく公式サイト)

 

お店の場所

あうるぱーくは、池袋駅西口出口から徒歩で約1分の場所にあります。

ビル中にお店があるので、最初はなかなか見つからないかもしれませんが、ちゃんと看板があるのでビルの看板に注目しながら探すといいです!

お店の道を挟んだ向かいにはセブンイレブンさんがありますよ〜

 

HPに詳しい道順と写真が載っているので、参考に行くといいと思います↓

フクロウカフェ池袋への道順(Owlcafe-Directions) | あうるぱーく フクロウカフェ池袋/東京 Owlpark(owl cafe Ikebukuro)

 

営業時間と料金

  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 料金: 大人1,200円、高校生以下1,000円、小学生未満は無料

定休日はないみたいです!

最終入店時間は19:20分となっており、結構遅くまでやっているので会社帰りに寄ることもできますね。

予約がなくても大丈夫なので、気軽に訪れていいと思います。

 

お店の雰囲気

あうるぱーくの店内はワンフロアのお部屋になっています。

そのお部屋の中にふくろう達が静かに佇んで、私たちを出迎えてくれます。

 

f:id:mono-lvx:20180621194901j:plain

切り株の上に乗って、凛々しく待ち構えていたり。(かわいい)

 

f:id:mono-lvx:20180621194910j:plain

「我関せず。」的な雰囲気の子もいたり。(ツンデレかわいい)

 

f:id:mono-lvx:20180621194909j:plain

かなり至近距離で撮ったのでわかりづらいかもしれませんが、この子ティーカップの芝生の上にいるんです。

ティーカップ犬みたいな、とても小さくてキュートなふくろうもいます。 (小型ふくろうかわいい)

この子家で飼えるんじゃないかな、とか思いました。

 

f:id:mono-lvx:20180621194923j:plain

お疲れなのか、眠そうな顔したふくろうもいました。(天使)

 

ふくろうばかりに注目してしまって、お店全体の写真はありませんでした;;

ぜひ足を運んで雰囲気を掴んでいただければと思います。 

行って損することはないので、ぜひ可愛いふくろう達に会ってほしいです!

 

わたしがあうるぱーくに行って、一番かわいいと思った子が写真1枚目の子です。

この子は甘噛み癖がある子で、触ってくると噛もうとしてきます!

噛まれるのが嫌な人はダメだとは思いますが、甘噛みをしてくる姿がとってもキュートなので、ぜひ訪れたら注目してほしいなと思います( *ˊᵕˋ ) ⁾⁾

 

オススメポイント

f:id:mono-lvx:20180621210724p:plain

あうるぱーくに行ってみて、素敵だなと思ったオススメポイントを紹介していきます。

 

インスタ映えする小物がある! 

ふくろうとの写真撮影がOKなあうるぱーくは、写真をより素敵にインスタ映えできる小物が充実しています。

以下、あうるぱーく公式サイトに載っている写真をお借りしました。

 

f:id:mono-lvx:20180621211218j:plain

(参照:あうるぱーく公式サイト)

 

「あうるぱーく」や「#肩にのせてみたw」など吹き出しで写真を撮れちゃうんです!

とってもオシャかわいいですよね(o’ω’o)ノ♡

わたしもこの吹き出しを使って写真を撮りましたよ〜

 

また、店内にはふくろうのお人形があったり、木のブランコがあったりと至るところに「かわいい」があります。

ステキな一枚が撮れること間違いなしです!

 

ふくろうとたくさん触れ合える! 

ふくろうにエサをあげたり、撫でてみたり、腕や肩に乗せてみるなど、とにかくふくろうとの触れ合いがたくさんできます!

 

エサはお肉をピンセットでつまんであげるため、手が汚れることがないのでぜひ体験してみてほしいです。

腕や肩に乗せるときも、あまり動かないで静かにしていればおとなしいものです。

 

ふくろうとの触れ合いで衝撃を受けたのが、ふくろうってすっごくフワフワで柔らかいんです!

「そりゃそうだろ!」って思う方がいるかもしれませんが、私はふくろうの毛って固そうだなと思ったいたんですよね。

あんまり動かないからかな?丈夫にできてそうだなーと(笑)

 

でも、実際に触ってみると全然そんなことがなくて、お人形みたいに柔らかいんです!

本当に驚きました!なんなら抱きついて頬ずりしたいくらいでしたが、さすがにそれはNGでした。

 

衝撃のフワフワ感なので、ふくろうって固そうと思っている人にぜひ触っていただきたい!

 

ハリネズミとも触れ合える! 

f:id:mono-lvx:20180621225307j:plain

あうるぱーくはふくろうカフェなのですが、実はハリネズミとも触れ合うことができちゃうんです!

ただし、ハリネズミと触れ合える時間や条件は決まっており、

  • 土曜、日曜・祝日
  • 11:00〜13:00、17:00〜19:00
  • 小学生以上の人が対象

となっています。

 

触れ合うには上記の条件がありますが、ハリネズミを見ることはいつでもできるので、見るだけで十分な人は平日でもいいと思います。

 

行く前のアドバイス

f:id:mono-lvx:20180621230249j:plain

あうるぱーくに行く前に「これ、知っておいた方がいいんじゃないかな?」ということをまとめていきます。

 

テーブルや飲み物がない

あうるぱーくは「ふくろうカフェ」ではあるのですが、テーブル席や飲み物の提供というのはありません。

ふくろうやハリネズミと触れ合う用のイスはありますが、数も少ないため基本的にはずっと立っていることになります。

 

「カフェだからお茶でも飲みながらふくろうを観察しよう〜」

とはいかないので、知っておくといいと思います。

 

長居はしづらい

テーブル・飲み物がないので、あまり長くは居続けられないかなと思いました。

私はふくろうたちと一通り触れ合って、20〜30分もすれば満足して帰りましたね。

 

「お買い物ついでに寄ってみる」「せっかく池袋に来たから行ってみよう!」くらいの感覚で足を運ぶと、丁度いいんじゃないかなと思いますよ(っ´ω`c)

 

おわりに:初めてでも安心のお店

ふくろうカフェ あうるぱーくに行った体験談を書いていきました。

ふくろうと触れ合うのは初めてでしたが、店員さんが触れ合い方やふくろうの習性を丁寧に教えてくださるので、安心して過ごせました!

私が行ったときは、女性の店員さんしかいませんでしたが、もしかしたら男性の店員さんもいるかもです。

 

お客さんはカップル・友人・子連れ家族や夫婦さんなどいろんな世代の方がいました。

ひとりで来店して、ふくろうとの時間を満喫している人もいました!

 

いつ、誰と来ても間違いなしのお店なので、興味を持ってくださったらぜひ足を運んでいただきたいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

 

当ブログでは、体験談や本のレビューを書いています。もし気に入っていただけましたら読者登録・はてブ・スターもよろしくお願いいたします!

  

よければ下記のシェアボタンから記事をシェアしていただけると、管理人が跳んで喜びます ヾ(´ρ`)ノ゛↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください