毎日忙しい人にはこの一冊!『週40時間の自由をつくる 超時間術』で忙しいから解放!

f:id:mono-lvx:20180609151225p:plain

おはようございます、すっちー(@succhi104)です。

今回はDaiGoさんの『週40時間の自由をつくる 超時間術』を読みましたので、その感想を綴りたいと思います。

 

  • 毎日忙しくてやりたいことができない
  • もっと自由な時間がほしい!
  • DaiGoさんの書く本が好き!

上記に当てはまる人に本書をオススメしていますので、ぜひ興味があれば手にとってみてほしいです(´ω`*)

 

 

 

 

本書の”時間術”とは?

f:id:mono-lvx:20180303003610j:plain

 

「週40時間の自由をつくるってことは超人的なスピードで作業をする技術が書かれているのでは?」

わたしはこんな風に本書を買う前に思っていたのですが、この本で言う”時間術”は物理的な時間を生み出すというよりは、短い時間の中で40時間分の濃度の作業をこなすニュアンスに近いと感じました。

 

このことをご承知の上で、読むなり購入を考えるといいと思います!

寝る時間を減らして時間を増やす、作業スピードをアップさせる方法などの内容は書かれていません!

 

「忙しい」の口癖をキッパリやめる!

f:id:mono-lvx:20180609151811p:plain

 

わたしは仕事が追いつきそうにないときや、心に余裕がないときは必ずと言っていいほど「忙しい」と言ってしまいます。

あなたも「忙しい」と無意識に言ってしまうことがありませんか?

 

実は「忙しい」と口に出してしまうたびに、意識が未来や過去に向かってしまい目の前のやるべきことに集中できなくなります。

 

あなたが忙しくて時間がないと思っているだけで、勘違いだそうです。

「そんなバカな!」って思っちゃいますよね(-ω-、)?

 

ワルシャワ大学の研究チームは、「忙しい」の代わりに「活動的だ」や「活発的だ」などの言葉を使うように提案しています。とてもシンプルなテクニックですが、学生を対象にしたある実験でも、「忙しい」を使うのを止めた被験者は、3ヶ月後の成績が大きくアップしたそうです。(p.28)

 

 このように研究でも結果が出ているんですね。

「忙しい」と言わないようにするだけで効率が上がるのであれば、やってみてもいいと思えますよね?

今日から「忙しい」という単語を禁止にしちゃいましょう!

 

POINT

・「忙しい」と口にすると未来や過去にとらわれてしまう
・「忙しい」と言うのをやめて、今やるべきことに集中する!

 

 

×作業量 ◯生産性 を意識する!

f:id:mono-lvx:20180609152057j:plain

 

これはみなさん意識しているかもしれませんが、多くの作業をいかにこなしても結果につながらなければ意味がありません。

作業量が大切なのではなく、生産性が大事です。

f:id:mono-lvx:20180609153408p:plain

作業量が多いほど生産性が下がるのは、研究でも明らかにされているようです。

もし今、毎日忙しくてしょうがない人は作業量を減らすことを考えてみるといいのではないでしょうか?

 

他の人に任せても大丈夫な作業は任せてみる、一番やらなければならない仕事を優先してこなす。

できるだけやるべきこと一つに集中できる環境を整えるといいですよね。

これは、エッセンシャル思考にもつながるので興味があれば調べてみるといいかもしれません。

 

www.suchilog.work

 

 

ゴールコンフリクトを正す

f:id:mono-lvx:20180326105527j:plain

 

ゴールコンフリクトって言葉を知っていますか?

ぐっすり寝たいけど早起きしなくちゃいけない、ダイエットしたいけどお菓子は食べたいなど、目標が欲望とぶつかり合ってしまう状態をゴールコンフリクトっていうんです!

 

身に覚えがあるのではないでしょうか?(o´ω`o)

心理学の世界では、このゴールコンフリクトが時間不足の感覚を生み出す原因ではないかと言われているんです!

 

確かに、ダイエットしたいのにお菓子をたくさん食べてしまったらなかなか痩せませんよね?

そうするとゴール(痩せる)まで時間がかかってしまいます。

そして時間があまりにかかると、私たちは頑張ることをやめてしまいがち(;´Д`)

 

ダイエットつらいし、全然痩せないからやーーめた!!!

 

と、いうことでこのゴールコンフリクトを正すことが時間感覚を取り戻すことにつながるんです!

その方法も紹介していきますね! 

 

 

コンフリクト・リストをつくる

f:id:mono-lvx:20180609153815j:plain

 

自分をコンフリクトを把握するために、コンフリクト・リストをつくります!

多くの人にとってコンフリクトは自然なものなので、リストをつくることで無意識に抱いている問題を明らかにできます。

具体的には以下の4つを書き出します。

 

1. いまの目標を10個書き出す

2. 10の目標から重要だと思う5つを選ぶ

3. 5つの目標の「障害」を書き出す

4. それぞれの「障害」をコンフリクトのパターンに割り振る (p.65)

 

まずは目標を最低でも10個書き出します。

「貯金したい」「痩せたい」「資格に合格したい」など何でも大丈夫ですので10個並べてください!

次にその中から自分が大事だと思うものを上から5つ選び出します。

この時大切なのが、あまり深く考えずに直感で選ぶことだそうです!

 

続いて、選んだ5つの目標にそれぞれ「障害」になりそうなものを考えていきます。

「貯金したい」であれば、「欲しいものを買ってしまう」「ムダな出費をしてしまう」「ついご褒美を買ってしまう」などですかね。

自分が障害になると思うものであれば、一つの目標に対して何個書き出してもオッケーです。

 

最後にこれらの障害を「コンフリクトの3パターン」のどれに当てはまるかを考えます。

「コンフリクトの3パターン」とは、わかっているけどやらないコンフリクト・思い込みコンフリクト・無知コンフリクトの3つです。

それぞれのコンフリクトに対する対策が本書に書かれていますので、チェックしていただければと思います!

 

 

おわりに:本書の魅力はまだまだあります!

f:id:mono-lvx:20180609154225j:plain

 

時間感覚と取り戻す方法以外にも、

*時間がないあなたへのストレス対策

*職場に潜む「時間汚染」に負けない働き方

*自分の時間を取り戻す8週間プログラム

など、『週40時間の自由をつくる 超時間術』には自由な時間を手に入れるための方法がたくさん載っています!

 

この本は、日々の仕事に忙しい社会人の人にピッタリの一冊だと思います。

「ただでさえ忙しいのに本なんか読んでる暇はねぇ!!!」と思う人もいるかもしれませんが、そんな人にこそ読んで欲しいと思っています!

 

私が著書から学び行動すること3つは、

 

  1. コンフリクト・リストを立てて対策を考えること!
  2. タイマーでタスクを管理すること!
  3. スモールゴールを設定すること!

です!

ぜひあなたも、本書から得たことを実行にうつしてみてくださいね!

  

今回紹介した本はこちら 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

 

当ブログでは、お仕事の体験談や本のレビューを書いています。もし気に入っていただけましたら読者登録・はてブ・スターもよろしくお願いいたします!

  

よければ下記のシェアボタンから記事をシェアしていただけると、管理人が跳んで喜びます ヾ(´ρ`)ノ゛↓↓↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください