スマートニュースアプリで気になったニュースまとめ(2018/02/27)

f:id:mono-lvx:20180206022828p:plain

もはや導入文なしで、ニュースのまとめを書きはじめればいいんじゃないかと思っている今日この頃です。

奇跡的に3日連続の更新ができそうです。読んだニュースで学んだことを、もう一度復習できるこの更新をわたしは気に入っています。

 

かなり個人的な理由で書いている気がしますが、この記事を読んでスターをくれる人たちにいつも感謝しています。ありがとうございます!

Twitterの非公開リストが半公開状態に?

2018/02/27の午前中に、Twitterの非公開リストが他人から見えてしまう状態が発生したそうです。

通常、非公開リストは他人からどのようなリストなのか見えない仕様なのですが、このときは「リスト名」と「リスト説明」が見られる状態になってしまったとのこと…。

 

見られたくないからこそ非公開にしているのに、困った現象ですね。私は非公開リストを作成していないので問題はありませんが。

現在、ねとらぼさんの方でTwitter Japanに問い合わせ中。回答があり次第記事に追記をするとのことですが、まだ追記がされていないので、原因は解明されていなそうです。

 

カフェで席を離れても安心!

ひとりでカフェに入ったとき、荷物を席に置いたままお手洗いに行くのってかなり不安ですよね?そんなときに便利なアイテムを発見したこのニュース!

荷物を置いたまま離席をするときに、スマートフォンと連携して荷物を見守ってくれるのが、デジタルツール・モニタリングアラーム「トレネ」です。

 

ざっくり説明をすると、スマホと連動しているのでスマホを持っていない人が荷物を動かすと、アラームが鳴る・LEDが光る仕組みになっています。

お値段は¥6,800と安くはありませんが、PCが盗られるよりは安く済むし、デザインもどことなく可愛いのでアリかな!と思いました(?)

 

シンプルかつ便利なWall desk

毎日同じ部屋・場所で仕事をするって、ときに苦痛になりませんか?たまにはリビングで仕事したいけど、仕事するスペースがない…。カフェに行くのも億劫だな…。

 

そんなとき便利なのが、Wall deskなんです。丸いノブを壁に取りつけるだけで、どこでもスタンディングデスクに変えられる代物!

デスクとして使用しないときも、シンプルでオシャレなデザインなのでインテリアとしても優秀だと思いました。

PCで作業しているときって座っているのがほとんどなので、少し立って作業するのもアリかも。と感じました!

 

憧れ・尊敬している人の話は聞きたくなる 

このニュース自体は、ブックキュレーター コンシェルジュの阿部佳さんがおすすめする本の紹介記事なのですが、この記事の中にある言葉に惹かれたので読みました。

興味のある人がいる。好きだったり、尊敬していたり、憧れていたり、そんな人の話をもっと聴きたくて選ぶ、という本との出会いもある。話を聴くように読み進むうちに、ああやっぱりと時に嬉しくなり、そんな一面もあったのかと、時に自分の思い込みに愕然とし、けれど必ず愉快な発見のある一冊になる。

 

この気持ちとてもわかる!本の出会い方って様々。好きな作家さんの本は全部読みたい・知りたいと思ってしまう。でも、考え方が大きく違っていると愕然としてしまうこともある…。

知識を深めることも、新たに出会うこともある読書ってほんとに素晴らしいな、と改めて思えたニュースでした。

 

100均のアイテムは侮れない 

100均のクッションゴムが、引き出し内のケースのすべり止めにちょうどいいという内容のニュース。

わたしは100均で売っている耐震マット(ゴム?)をパンプスにつけると、足がズレなくていい、というのを知っていたので、似たような内容だな~と感じました!

 

それにしても、100均のアイテムって便利なもの多いよなと思ったニュースでした!

 

車をスプレーで塗装、しかも剥がせる!?

剥がせる自動車塗料スプレーこと「DipYourCar」が海外で発売されているよう。記事内にて動画があったのですが、本当にシールみたいに剥がせていてすごいです!

お値段は199ドル(約21,000円)で、残念ながらアメリカとカナダにしか発送していないみたい。

 

でもそのうち、日本でも同じような製品が発売されてもおかしくないですよね!車のカスタマイズがよりラクになる日も近い気がしました(*’▽’)

 

本日のニュースまとめは以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください