スポンサーリンク

予定通りにいかなくてイライラした時の対処法を紹介!

あなたは、予定通りにものごとが進まなくてイライラしてしまうことってありませんか?

この時間にAの仕事をやるつもりだったのに、飛び込みでタスクが入ってきた!

女性A

すっちー

私はイライラしてしまって、予定が崩れるとやる気がなくなってしまうタイプなんです。

 

「イライラしても仕方ない、予定なんて崩れるもの」とわかっていても、すぐに予定変更に取り掛かれなくて自己嫌悪することもあります。

そんなイライラしたときの対処方法を知っておきたいな、と思いましたのでこの記事にまとめておきます。

予定通りにいかなくてイライラした時の対処法

イライラしてしまうと、どうしても頭の中がイライラの原因で満たされてしまいますよね?

「なんで急に予定変更してくるの?」「急に仕事振ってこないでよ」と、私はいつも予定が崩れると思ってしまいます。

しかし、イライラしたときは「感情に反射して、怒りをださないこと」が大切なんです。

 

脳には「感情系」と「思考系」の2つの機能があります。

イライラしたときは「感情系」が優位になっています。

なのでイライラしたときは何らかの方法で「思考系」を優位にすると怒りが鎮まります!

f:id:mono-lvx:20180201154747p:plain

すっちー

感情的に怒りはじめるのではなく、いったん落ち着こうということですね。

ではどうやって怒りを鎮めればよいのか、具体的な方法を紹介していきます!

イライラを鎮める方法①:ストップシンキング

読んで字のごとくですが、考えるのをやめます。

怒りに反射的に反応しないために思考に “間” を設けます。

具体的なやり方は、イライラした時に頭の中で「1、2,3」と数え一度気持ちを落ち着けることで思考系を働かせる。

感情的になる前に、この「数える作業」を入れることで間を作るんですね。

すっちー

誰でもできる簡単な方法なのでお試しあれ!

イライラを鎮める方法②:タイムアウト

スポーツでも聞く「タイムアウト」という言葉。

スポーツでは試合をいったん止めて休憩や作戦会議をする短い時間のこと、これをイライラしたときにも活用します。

どうしてもイライラの対象を目の前にすると怒りを感じてしまいます。

そこで「ちょっとお手洗いに行ってくる」や「お茶をいれてくる」など強制的にその場を離れることで落ち着こうというわけです。

イライラを鎮める方法③:コーピングマントラ

コーピングマントラとは、イライラしたときの呪文を用意しておこうという方法。

自分で好きな言葉を用意すればいいのですが、おすすめは「きっと何か理由があるはず」です。

すっちー

これで自然と予定が崩れた理由を考え始め思考系が優位に働きます!

いかに思考系を優位にさせる言葉を用意ポイントになります。

MEMO
実はカンタン! 「怒らない技術」10のコツ | 雑誌『プレジデントファミリー』の公式サイト(プレジデント社)には、他にも様々な怒らないための技術が載っているのでぜひ参考にしてみてください。

イライラの元は自分自身にある!?

f:id:mono-lvx:20180201161043p:plain

そもそもイライラするのは、自分の周りのことが思うように進んでいなかったり、望んていた状況になっていないためです。

この「自分」というのがポイントになっています。

 

思うように進んでいないのも、望んでいた状況になっていないのも相手や環境に原因を向けがちですが、全部自分の想定が甘かったり未熟さが現れている証拠なんです。

例えば、同僚の仕事が遅くて予定通りに終わりそうにない場合。

つい同僚の仕事の遅さのせいにしたくなりますが、そもそも当初の予定の立て方が甘かったに他なりません。

「同僚の仕事の遅さ」も考慮した予定を立てるべきだったのです。

 

相手が自分の思うように行動してくれないとか自分の想定していた回答をしてくれないと思うのは、自分中心の考え方に支配されている典型的な例です。

想定外のことやミスが起こるのは当たり前、イライラするのではなく自分には今なにができるかを考えて行動するべきなんです!

「イライラしてしまうのは自分の見通しが甘かったから」と意識して次の行動に移るようにしましょう。

柔軟性のある人になろう!

f:id:mono-lvx:20180201163423p:plain

決まりや予定に縛られている人はどうしても気持ちに余裕がありません。

余裕がないからこそイライラしてしまうのです。

私たちは学校で規則やルールに縛られて生活をしてきたせいか、どうにも型破りな行動が苦手です。

これからは決まりに縛られすぎない生活を心がけていくといいかもしれません。

 

また、柔軟性がある人は早め早めに行動しておりミスや予定が崩れてもすぐに立て直すことができます。

過去の経験も活かしつつ、早め早めの行動を意識するだけでも柔軟性は育っていくでしょう!

瞑想やヨガで心を落ち着ける習慣を持とう!

イライラしてしまった時に気持ちに余裕を持つために、瞑想やヨガを習慣にしてみるのもいいですね。

瞑想やヨガによって、

  • リラクゼーション反応
  • 緊張や不安に強くなる
  • 感情のコントロール力が強くなる

など多くのメリットをもたらしてくれます!

すぐにイライラしてしまう人ほど、感情のコントロールが苦手なもの。

これを機に瞑想やヨガで感情のコントロール力を鍛えてみるといいですね!

ヨガのことならすっちーにお任せ!

私は現在、ヨガに通っており「すちろぐ」で情報を発信しています!

もしヨガに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

感情のコントロールができること以外にも、運動で体を動かせたり、集中力が上がったりと様々な効果がありますよ!

 

【夏までに痩せる】ホットヨガLAVAで汗流してダイエットしよう!【お得に通える】

【3ヶ月経過】ホットヨガLAVAを一人で体験してよかったことまとめ!

おわりに:イライラを制御できるのは自分だけ!

イライラした時の対処方法からマインドまでを紹介してきました。

イライラしがちな人に少しでも参考になれば幸いです。

自分もイライラしたときに周りや環境のせいにしがちですが、調べてみて原因は自分の捉え方にあるのだと気づけました。

まだまだ自分が未熟だということに気付けただけでも大きな成果だったのではないかと思います。

あなたもカッとなったときほど思考を働かせてみましょう!

すっちー

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください