伝え方ひとつで「ノー」が「イエス」に変わる?|『まんがでわかる伝え方が9割』

この記事では、『伝え方が9割』の紹介や感想をまとめています。

どうも、すっちー(@succhi104)です。

本屋さんであの有名な『伝え方が9割のまんがでわかる版が陳列されており、気になっていたので購入してみました!

私は『伝え方が9割』という本は、上司など偉い人へ向けた伝え方のノウハウが書かれた本であって、自分にはまだ必要ないかなと思っていました。

でも、本書を読んでみるとちょっとした工夫でどんな人にも使える伝え方の技術が書かれていました!

そこで今回は『伝え方が9割』という本の魅力を伝えたいと思います。

毎回思うのですが、「まんがでわかる版」はストーリーが面白いし要点だけがまとめられているのでとても読みやすいです。

すっちー

活字がいっぱい並んでいる本は苦手という人は、ぜひ「まんがでわかる版」を読んでみるといいと思います。

『伝え方が9割』とは?

伝え方が9割は佐々木圭一さん著の伝え方のノウハウ、法則がわかる本です。

著者の佐々木さんは、コピーライターをやっていた当時は意外にも伝え下手な方だったそうです。

書いた記事がボツになる毎日の中、伝え方には技術があることに気付いた佐々木さんは、そこから伝え方だけではなく人生も変わったそう。

すっちー

伝え方ひとつで人生も変わってしまうんですね!
スポンサーリンク

本のあらすじ

女性ファッション雑誌『BB』の新人編集者の五十嵐舞は、世の中を動かすようなトレンドをつくろうと奮闘している。

しかし自分の企画はなかなか上司に認めてもらえず、それどころかモデルやデザイナー、後輩などとも上手くいかず悪戦苦闘する日々。

そんなある日、雑誌コーナーで『BB』を読んで大声で酷評している謎のオネェ、マリアと出会う。

マリアに自分の担当した記事のダメ出しを正確にされた舞は「これからどうすればいいのか…」とマリアに縋りつく。

「仕事が上手くいかないのは伝え方が下手なせい」と指摘された舞はそこからマリアの教えに従って伝え方の技術を身につけていくというお話です。

伝え方の技術を教えてくれる人がまさかオネェだとは、読む前の私は思いませんでした(笑)

すっちー

でもオネェの話は面白い・タメになるってよく聞くような気もするし、オネェって話し方や伝え方が上手な人が多いのかもしれませんね。
スポンサーリンク

「イエス」に変える3つのステップ

マリアからまずはじめに「ノー」を「イエス」に変える3つのステップをマリアの仕事場のBarに行き教えてもらいます。

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしないこと
  2. 相手の頭の中を想像すること
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくること

例えば、彼をデートに誘う時にただ「デートしたい」というのではなく、彼が新しいものやラーメンが好きなのであれば「驚くほど美味しいラーメン屋見つけたんだけど行かない?」といった風に誘います。

この例え非常にわかりやすいですよね!

この3つのステップを教えてもらった舞は、さっそく仕事場で実践します。

すると見事に「ノー」が「イエス」に変わることに!

スポンサーリンク

「イエス」に変える「7つの切り口」

その後、舞は3つのステップをものにし仕事に奮闘しますが仕事を抱えすぎて体調不良に。

そしてマリアに教えを聞きに行くもお店で倒れてしまいます。

気が付くとものすごく豪華な部屋で寝ていた舞、そこに現れたのはスッピンでただのおっさんになったマリアでした(絵がすごかった(笑))

仕事を抱え込みすぎる、頼み事ができないのも伝え方が下手なせいと教えられた舞は新たに「イエス」に変える「7つの切り口」を教えてもらいます。

  1. 相手の好きなこと
  2. 選択の自由
  3. 認められたい欲
  4. あなた限定
  5. チームワーク化
  6. 嫌いなこと回避
  7. 感謝

数が多いので詳しい内容はぜひ本を読んでいただきたいです。

これら7つの切り口を教わった舞はまたも仕事場、そして彼との関係にも大きく影響を及ぼしていきます。

それにしても舞の彼氏はちょっと単純すぎるなと思ってしまいましたが(笑)

スポンサーリンク

「強いコトバ」をつくる技術

少しずつ舞の出した企画は採用されてきたが、まだ本当に通したい企画が通っていない現状。

そこでまたマリアにどうしたら企画が通るか相談することに。

そこでマリアに「タイトルを適当につけているのでは?」と指摘されます。

タイトルは目を引くものでなければいけなく、「強いコトバ」が必要とのこと。

舞はそこから「強いコトバ」には法則性があることに自ら気付きます。

  1. サプライズ法
  2. ギャップ法
  3. 赤裸々法
  4. リピート法
  5. クライマックス法

こちら5つもぜひ本でチェックしてみてください!

ここからストーリーは舞の企画を通すために怒涛の展開になります(笑)

ストーリーも面白いのでぜひ読んでいただきたいです。

おわりに:どんな場面でも伝える技術はつかえる!

『伝え方が9割』の紹介や感想をまとめていきました。

導入で「伝え方の技術」と言われると上司や偉い人向けの技術なのではないかという話をしましたが、伝え方の技術はどこでも使えます。

友達や家族、彼氏にも、例外はないです。

どうせ伝えるなら「ノー」と言われるより「イエス」と言われたいのが人間です。

本書の内容が気になった方はぜひ読んでみてくださいね!

紹介した本はこちら↓

すっちー

最後まで読んでいただきありがとうございました!

2 Comments

Tekaten

てかてんです。
同じ書評をかくブロガーとして、記事を読ませていただきますね^_^!
読者登録しました!応援します^_^!
Twitterもフォローさせてもらいました(*´∇`*)

返信する
mono-lvx

id:Tekaten
てかてんさん、コメントや読者登録などありがとうございます!
私もてかてんさんのブログ読ませていただきます!よろしくお願いします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください