スマートニュースアプリで気になったニュースまとめ(2018/02/25)

f:id:mono-lvx:20180206022828p:plain

2月も残りあとわずか、2018年早くも2か月が過ぎます!

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は資格試験が迫っていたり、プログラミングの復習をしたりと追い込まれています(笑)

 

みなさんにとって、実りのある2月であることを願っています。

 

さて、本日もスマートニュースで気になったニュースをまとめようと思います。 

私が個人的に興味のあるニュースをあげているだけで、需要があるのか怪しいですが、書いていて楽しいので続けていきます o(・ω・o)(o・ω・)o

若者の○○離れランキング

 若者の○○離れをまとめたこのニュース。

  1. 新聞
  2. 読書
  3. 結婚
  4. お酒

と、かなり順当な感じになっていますね。

車は都内だと使わなくても平気ですし、新聞も忙しい朝に読んでいる暇はないのかも。

 

私は新聞を読みたいと思っているのですが、購読するとなると結構な金額しますよね。

「読書」以外のことってお金がかかるっていう共通点があるなって気づきました!

お酒は、飲み会で地味にお財布に響きますしね…(笑)

年金がちゃんともらえるか、生活していける分もらえるか怪しいこのご時世、高い出費はしないよう控えてしまうのかもしれませんね。

 

おもしろい人の7つの習慣

フランクリン・コビィーの提唱する7つの習慣(7つの習慣から学ぶ「インサイド・アウト」で人生は変わる)ではなく、「おもしろい人」がもつ7つの習慣について書かれたこの記事。

どんな習慣があるのか興味わきませんか?

しかも、だれでも実行できるって書かれていたら、自分もおもしろい人になりたい!ってなりました。

  1. 情熱をもつ
  2. 新しいことに挑戦する
  3. 変わり者であることを隠さない
  4. 周囲に流されない
  5. 自分のエゴを抑える
  6. 常に学ぶ
  7. 自分の発見を共有する

 

5番の「自分のエゴを抑える」だけピンとこなかったのですが、要するに自己中心的ではダメってこと。

自分をよく見せようとするんじゃなくて、自分の価値や目標に目を向けることが大事。

おもしろい人になるなら
「エゴを抑えるべし」
です!

 

プレミアムフライデー不発の理由

そういえばそんなのあったなぁ…と、懐かしさを感じたニュースです。

私のバイト先でも、月末の金曜日は商品をおまけでひとつ追加!みたいなサービスをやっていましたが、いつの間にかなくなりましたね(笑)

実際はどうなのか知らなかったのですが、やはり不発だったそうです。

 

早帰りしたサラリーマンを狙ったプレミアムフライデーですが、実際は主婦の来店が増えていたそう!

完全にミスマッチな状態ですね(笑)

 働き方改革との連携も中途半端で、期待していたような成果は得られていないとのこと。

 

サラリーマンも、そもそもあまりお金がないので遊びや買い物に使わない、消費は思ったように進まないですね…。

まずは給与をどうにかすべきなんじゃないのかな、老後も心配だし…と思ったニュースでした。

 

うんこ座りで"貯筋"!? 

 「お金も大事だけど、健康のほうがもっと大事!」「貯金より貯筋!」

言われてみれば確かに…それにしてもうんこ座り!?と思わず驚いた記事でした。

 

しみけんさんは、健康法やトレーニングについてかなり勉強されている人。

そんな、しみけんさんが強く言うのは「スクワットは絶対やれ!」ということ。

というのも、下半身には全身の筋肉の約7割があるので、ここを鍛えることが効率がいいみたい!また、スクワットは心肺機能も鍛えられる、唯一のウエイトトレーニング。

 

「スクワットがめんどくさいなら、うんこ座りで!」

そんな提唱がされているニュースなので、きになる人はチェックです☆

彼にスクワットをやらせて元気になってもらうか~~

 

残念な人の特徴3つ

仕事ができるはずなのに、どこか残念…。そんな人いますよね?

そんな残念な人の特徴3つが書かれたこのニュースも気になりました!

 

★根本まで考えた対応をしない

根本まで考えていないので、場当たりな対応をしてしまうタイプ。

その場はやりすごせても、次の対応ではその経験を活かせず…。

効率が悪く、どこか残念ですよね。

 

★質問の前提条件を考えない

仕事のできる人は、相手の質問の意図をくみ取って回答ができますよね?

「自分はこっちの案の方が好きだからこっち!」なんて回答されたら困ってしまいます。

会社のためになる選択を論理的に説明して、納得のできる回答をしてほしいものです。

 

★商談相手の役職を考えない

商談でプレゼンをするとき、相手の役職を考えないで話すのはちょっと残念です。

役職によって、知りたい内容やメリットは変わってきます。

担当者レベルなら方法論や知識、役員なら自社へのメリットや収益など。

相手が何を求めているのか、コレを考えられるかどうかが境目になりそうです。

相手を配慮、思いやった対応や回答が必要なんだな!
行き当たりばったりもダメ!

 

本日のニュースまとめは以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!