内向的な人が「約束の日が近づくと憂鬱になる症状」について考えた。

スポンサーリンク

f:id:mono-lvx:20180125134800p:plain 

みなさんは自分のことを外向的だと思いますか?内向的だと思いますか?外向的な人はいろんな人と出会って何か行動するのが好きなイメージ。内向的な人はひとりで黙々と作業することが好きなイメージですよね?

私は完全に内向的な人間でひとりでいること・作業することが大好きです!でも、外向的な人のあの行動力やコミュニケーション力にはいつも尊敬してしまいます!自分にはないものを持っている人って素敵に見えますよね?

そんな内向的な私はある日Twitterで流れていた一枚の画像にめちゃくちゃ共感しました。それが橋本ゆのさんの描いた絵です。

「これ、完全に私のことじゃん!」と自分の気持ちを代弁してくれている?画像を見て思いました。そして「これって私だけが思っていたことじゃないんだ」と安心したのも覚えています。

自分から約束をしておいて、次の日には行く気が失せていることも多々あるので約束するのが苦手になってしまうんですよね。とってもよくわかる!

 

 この画像をみたときは「あーよかった」で済ませていましたが、ブログを始めた今ではどうして内向的な人って約束の日が近づくと憂鬱になってしまうんだろう?気になるなと思いました。

そこで今回は内向的な人の心理や特徴を分析したうえでこの約束の日がくる憂鬱について考察していきたいと思います!

内向的な人はもちろん、外向的な人も「内向的な人ってどんなこと考えているんだろう?」と気になると思いますのでぜひチェックしてみてください!

 

 

内向的な人の特徴

まずは内向的な人の特徴について書いていこうと思います。

 

よく考えてから話をする

内向的な人は話す前にまず自分の伝えたいことを頭の中で整理します。そして整理した内容をまとめて伝える。こんな話し方をする特徴があります。

対称的に外向的な人は、自分の考えを話しながら次に話すことをまた考えるという流れでものごとを話します。

私は話しながら次のことを考えるなんて器用なことはできないので凄いと思いました!

 

空想にふけりがち

f:id:mono-lvx:20180125143824j:plain

気が付いたらずっと考え事をしていた。興味のあることに集中・熱中していた。なんてことはありませんか?これも内向的な人の特徴のひとつです。

よく考えてから話すでも内向的な自分の頭の中でものごとを整理すると書きましたが、内向的な人ってとにかく「考える」ことをしがちなんですよね。

他人の話を聞いているときでも、聞いているフリをしつつ頭の中では考え事をしている・空想にふけっているなんてこともあります!私もこの前友達が「スペインに行く」ということであれやこれや話してくれいる間に「スペインって何あるっけ?」「スペインって暖かそうだなー」とか考えており、友達の話はろくに聞いていなかったように思います(ごめんね友人)。


慎重な性格の人がおおい

どうやら内向的な人には慎重な性格の人が多いみたいです!ここまでの特徴を見ているとなんとなく慎重な性格にも頷けますよね?

ストレングスファインダーを受けてみました!無料で受けたい人はエニアグラムを!」で強み診断を行ったのですが、私の強み1位は「慎重さ」でした。

「内向的な人=慎重」の公式が成り立っているように感じます!

 

自分に自信がない

 どうやら内向的な人は自分に自信がないという特徴もあるみたいです。

自分には秀でている才能がない、自慢できることがないと自分を低く見積もる傾向にあります。

よく言えば控えめ、悪く言えば劣等感を抱きやすい性格の持ち主です。そのため繊細で傷つきやすいと周りに思われてしまうことも。

こう見ると他人と比較をしやすいタイプに思えますね。自己嫌悪しやすいので意識的に自分に自信を持つように努めると精神的なバランスが取れそう。

「少し過剰気味でもいいから自分を褒める習慣を持とう!」と思いました。

 

人間不信?人間関係が狭く浅い

外向的な人がコミュニケーション力に長けているのに対して内向的な人はそうではありません。他人と他愛のない雑談・会話をすることが苦手なので対人関係には弱いです。

そのため人間関係は狭く浅くなりがち。人によっては人間不信になることもあります。

私も以前「人付き合いが苦手な人いるよね?」という記事を書いたくらい、人付き合いが苦手な人間です。

 内向的な人間なので!と済ませている部分がありますが、できれば人間不信・コミュニケーション力は改善していきたいと思っています。

 自分の考えていることをいかに他人に面白く、雑談で話せるかが内向的な人には求められそうですね!

 

特徴をふまえた上で考察していく

 内向的な人のおもな特徴を見てきました。内向的な人には「わかる~」という内容ばかりだったのではないでしょうか?

これらの特徴をふまえて、「約束の日が近づくと憂鬱になる症状」について考えていきたいと思います!

 

①予定の日が近づくにつれて段々嫌になる

内向的な人といえども、他人と遊びに行ったり飲みに行くのが絶望的に嫌、死んでも嫌という人は少ないのではないかと思います。

私も苦手ではありますが、たまには友達と遊びたい・飲みに行きたい!という気持ちになります。「行きたい」と思ったら友達を飲みに誘います。この時はまだ「行きたい」という気持ちなんですよね。

しかし数日たって予定の日が近づくと憂鬱な気分になってしまいます。なぜか。

「行きたい」のはその日の話であって数日後は「行きたい」の日ではないということなんです。

f:id:mono-lvx:20180125154700p:plain

「なんて我儘な考えなんだ」と思うかもしれませんが、本人としても悪気はないのです。その日は行きたいと思っていましたが次の日はそうではないのです。次の日も行きたいという気持ちであれば憂鬱にはありません。どうしたら次の日も行きたいと思えるようになるのか、その持続性については私にもわかりません。

 

②何気ないときにも無意識に気にかけてしまう

 そしてその後は内向的な人の特徴である空想にふける、考え事をしがちな性格が全面に現れます。当日の予定をひたすら気にかけて考えてしまいます。

「当日は○○時に家を出て、△△駅集合。お店の場所はあそこで、予約はいつまでにしておけばいいかな…Aちゃんに会うのは久しぶりだな、何話せばいいかな。就職のこと?恋愛の話?それとも大学の講義の話が無難かな…」

 私はだいたいこんなことを考えることが多いです。それも予定の日までずっと!そりゃ疲れますしストレスにもなりますよね?私はお腹が痛くなることもあるくらい憂鬱になるときもあります…。

 

③嫌すぎて理由をつけてドタキャンしたくなる

散々考え抜いたあげく外に出ること・会話をすることが面倒くさくなってきてしまいます。

「恋愛のことを話したらAちゃんはどんな話してくるかな?彼氏がいたら彼氏のことを話すかな、いなかったら?別れたばっかりだったらこの話タブーだよな…やっぱり恋愛トークはしない方がいいかな…?」

なんて考えてもわからないことをひたすら考えていたらそりゃ不安にもなりますし、会話するのが億劫に感じてしまいます。

 

そこで今度はドタキャンしたくなります。次はドタキャンする理由を考え始めるのです。

「あー行きたくないな。なんて理由にしよう?体調が悪いにしておく?急用ができたとか?バイトに出なくちゃいけなくなったの方が仕方なさがあるかな…」

とにかく考えまくるのが内向的な人の特徴です。しかもかなり綿密。相手のことを配慮しているように見えますが、していることはドタキャンの理由付けです(笑)

 

④当日になって遊んでみると普通に楽しい

 なんだかんだ考え続けて当日。当日になってみるととくに問題もなく普通に友達と楽しい時間を過ごすことができました。

当日になってしまえばもう考える必要性はなく、ただその場を楽しむことに集中できるからです。

 

おわりに:内向的な人はその日に遊ぼう!

私がこの「約束の日が近づくと憂鬱になる症状」について考えて思ったことは、もうその日のうちに遊ぶ予定を立ててしまいましょう!ということです。

次の日になったら遊びたい気持ちになっているかわからないので、「遊びたい」と思った日に誰かを遊びに誘いましょう。

友達がそんなフットワークの軽い人ばかりではないかもしれませんが、逆にあなたが「遊びたい」と誘ったときに来てくれた友人はかなり付き合いのいい優しい友人です。ぜひ仲良くしましょう。

 

そして、ドタキャンはよくないのでやめるようにしましょう。私ももうドタキャンはしないように、友人を誘ったら腹をくくってその日を待ちます(笑)

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

あわせてこちらもいかがでしょうか?

www.suchilog.work

www.suchilog.work