『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』(深沢真太郎)

スポンサーリンク

f:id:mono-lvx:20180111165332p:plain

みなさん「論理的に考える」ってどうすればよいかわかりますか?もしくは「考える」とはそもそもなんでしょうか?哲学的な質問になってしまいましたが、そんな疑問から答えてくれるのがこの『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』という書籍です。

  • 「考えろ」と言われてもどうすればいいのかわからない
  • 論理的思考が苦手で、話に説得力がない
  • 直感でものごとを考えがち

そんな人向けの内容の本になっていますので、論理的思考を身につけたい人はこの本を読めばバッチリです!

 

本書の特徴

この本は主人公が2人登場し会話をするストーリー形式になっています。OLのサオリは直感と勢いでものごとを決めちゃう超文系思考の人物。数学を専攻している大学院生の優斗は考えることが大好きな性格。

そんな優斗からお題を出され答えていくことで「考える」20のコツをサオリと一緒に学べる内容になっており、会話形式で話が進むのでとにかく読みやすいです!

 

考えるって何から始めればいいの?

 冒頭でも質問しました「考える」ってそもそも何なのでしょうか?サオリは優斗にまず「考えるってどうすればできるの?」という問いを投げかけるところから物語は始まります。

私がもしこんな質問を誰かに言われたら間違いなく返事に困ります。優斗も最初は「社会人はいつも考えてお仕事しているんじゃないですか?」と戸惑っていました。

「確かに社会人って考えることができなければ仕事ができないのでは?でも本当に考えて仕事ってしているのかな?」と。そもそも大人になったら自然と考えて仕事ができるようになると私はどこかで思っていました。

 

そんな優斗の質問に対してサオリはこう答えています。

「まあね。でもね、何かこう……自分ではちゃんと考えているつもりなのに、実際は考えるフリをしているだけな気がするのよ。大事なことが抜けているような感じ?そもそも”考える”ってまず何をすればいいのかしら」 

(出展:『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』(深沢真太郎)p.24)

 

「考えるフリをしているだけな気がする」この言葉にギクッとした人、いるのではないでしょうか?私も実はギクッとしました。その通りだったからです。

 

考えるためにゴールを決める

ちゃんと考えるために、まず何について考えるのかを具体的にすること・ゴールを決めることが重要だと教えられます。

優斗のお題ではまず「数字について何でもいいので考えてください」と言われます。みなさん何を考えるでしょうか?会社の数字?数字という文字について?何を考えればいいのかさっぱりわからないですよね。

次に「好きな数字はいくつか考えてください」と言われたらどうでしょう?自分の好きな数字について考えればいいとわかりますよね!スタートとゴールが明確に示されているからです。

 

f:id:mono-lvx:20180111185304p:plain

(出展:『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』(深沢真太郎)p.24)

 

何事の行為にもスタートとゴールがありますが、考えることにおいては忘れがちになってしまいます。ゴールを設定することを意識すれば、しっかり考えることができるはずです。

 

論理的に考えるには線でつなげ!

優斗はサオリの「ロジカルって何?」という問いに「”線”ではないか」と答えます。

その例のひとつに三段論法があります。聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?「AはBである。BはCである。ゆえにAはCである」というやつです。この三段論法はAとBとCの3つの要素を線でつないでいますよね?

だから論理的に考えることとは”線でつなげること”であると。

三段論法で話をしてもらうと非常にわかりやすいうえに説得力がありますよね。

 

ビジネスに使える思考法がたくさん

他にも論理的に考えるための「線」を増やす方法や、優柔不断を卒業するための素早く決めるコツ、アイディアを出す発想力を身につけるコツなどが書かれています。

 

個人的に好きなのは「数字や計算だけが数学?」というコラムです。

論理的に考え、物事の構造を把握し、問題の解にたどり着くための訓練をする学問。それが「数学」なのです。

数学や計算は、その際の「作業」に使うに過ぎません。

(出展:『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』(深沢真太郎)p.102)

数学と聞くと数字や計算を思い浮かべますが、数学の主役は「論理」なんですね! だから数学は大切であるし将来に役に立つのですね。まぁ私は数学が苦手なのですが(笑)

 

おわりに:誰にでも役に立つ本だと思いました

そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』という本の紹介をしましたがいかがでしたでしょうか?考えること、論理的な思考に必要なものがわかる一冊になっていて非常に役に立つ本だと感じました。

考えることってどんな職業の人にも、老若男女問わず必要な力です。それをわかりやすく学べるこの本は良書なのではないでしょうか?

 ちなみに私はこの本を3周は読んでいます!何回読んでもタメになる本だと感じています。気になる方はぜひ読んでみてください。

 

今回紹介した本はこちら↓ 

 ここまで読んでいただきありがとうございました!

はてなスター・ブックマーク・読者登録などいつも励みになっています。ありがとうございます!次回もぜひよろしくお願いいたします。

 

あわせてこちらもいかがでしょうか?

www.suchilog.work

www.suchilog.work