成功する人としない人の考え方3つの違い

f:id:mono-lvx:20180109134405p:plain

あなたの周りに仕事ができる人っていませんか?自分と同じ職場で働いているのに、成長スピードが明らかに違う人。学生でも、絶対に自分より頭がよくて脳みその使い方が全然違うんだろうなという人っていますよね?

仕事や学業で成功する彼らのような人と成功しない人の違いって一体何なのでしょうか?今回はそんな彼らとの考え方の3つの違いについて書いていきます。

 

 

①明確なゴールを設定している

例えば「30歳までにお金持ちになりたい」という目標を立てるとします。はっきりした目標に見えるかもしれませんが、これでは明確ではありません。

仕事で利益をたくさん得たいということなのか、それとも多額の資産を持っていたいということなのか。この2つは「多額の資産を得る」という点では同じですが、性質は全く異なります。

何かのプロジェクトを達成しなくてはいけないとき、彼らはまず明確なゴールを設定しています。何を成し遂げればいいのか、いつまでに達成するのか、具体的な数字を用いて設定します。 こういった細部にまでこだわることで、より成功率を上げることが可能になります。

 

そういえば講義のグループワークで仕切ってくれる子って、まず話す議題を設定してくれてみんなの意見をまとめ、時間管理もしっかりしている印象でした。 自然とゴールを設定してうまく議論を進めてくれていたのですね、見習わなくては。

 

②時代の流れに柔軟に対応できる

自分の信念や考えを貫く姿勢は素晴らしいことです。しかし、成功へ繋がらないと気づいたときには柔軟に対応しなくてはなりません。 

時代の変化に対応できずに失敗する企業は数多くあります。古い考え方に固執した上司は今でも多くいます。柔軟な対応ができない人は成功できないといっても過言ではありません。

会社や上司が変わってくれるのはもちろんですが、個人レベルでも柔軟に変われるように意識することが必要になってきます。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。」というダーウィンの言葉があるのを知っていますか?強く賢くある前に「変化できる人」になることが成功への近道になります。

 

また自分の周りで変化に柔軟に対応できていない人がいた場合、適切な注意をしていくことも大切です。目標を達成するために必要なこと理解して周りに気付かせることも成功するために重要。

ひとりでできることは限られています。大きな目標を達成するには周りの助けが不可欠。自分のアップデートはもちろん、他の人の考え方もアップデートさせることで目標達成に近づけていきましょう。

 

③失敗することを前提にしている

みなさん失敗ってしたくありませんよね?失敗したら格好が悪いと思われてしまうし、ダメなやつの烙印を押されたみたいで嫌になってしまいます。

講義で先生に指名され回答を間違え、恥ずかしい思いをしたことは誰にでもあると思います。周りの人は「あいつ間違えたぞ」という風に見てくるし、ヒソヒソ話をしていたり…思い出しただけでつらくなります。私ももちろんできることなら失敗のない人生を送りたいです。

しかしはじめてのことに挑戦するとき、失敗することは当たり前なのです。 むしろ失敗から学ぶことができれば、それは成功の証になります。

 

ここでもう一度、失敗をすることは本当に格好悪いことなのでしょうか?本当に格好悪いことって失敗から何も学ばないことなのではないでしょうか? また失敗を恐れて何も行動を起こさないことではないでしょうか?

成功する人は積極的に行動したくさんの失敗を重ねています。私よりも多くの失敗と苦労をしているはずです。しかし彼らはそこから多くを学んだのです。だから成功したのです。

 ぜひ失敗を恐れずに行動してみてください。失敗を恐れて挑戦意欲を失くしたら成長できません。

 

おわりに:自分を見直す機会も持とう

①明確なゴールを設定すること

②柔軟に対応すること

③失敗を恐れないこと

どれもできそうで、なかなかできないことばかりです。みなさんはこれら3つのことができているでしょうか?できていない人は今日からこれら3つを意識して生活してみるといいかもしれませんね。

 

またこれら3つを意識しても自分のパフォーマンスを見直す機会が少ない人って結構います。せっかく細部にこだわって計画をたてても、進捗を確認しなければ大きなずれを生んでいるかもしれません。

このような確認作業は自分や周りの人に責任感を与え、やる気をふたたび起こす役割も担っています。もちろん軌道修正をする役割も。ぜひ目標や計画を見直すことも積極的に行ってくださいね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

はてなスター・ブックマーク・読者登録などいつも励みになっています。ありがとうございます!次回もぜひよろしくお願いいたします。

 

あわせてこちらもいかかがでしょうか?

www.suchilog.work

www.suchilog.work