20代でやるべきこと3つを紹介。早ければ早いほど有利!

スポンサーリンク

f:id:mono-lvx:20180101160306p:plain

どうも、すっちー(@hkc_27)です。 

 みなさん、老後に向けて何か対策をしているでしょうか?「まだ20代だし、老後のことなんて全然考えられない」という方が多いのではないでしょうか?私もです。

 

しかし、若い20代、30代のうちから始めたほうがいいことって実はあるんです。そこで今回は20代でやるべきこと3つを紹介していきます!

 

 

 

①積立投資をはじめる

 ひとつ目は積立投資をはじめること。貯金・貯蓄が苦手な方はこの積立投資はおすすめです。毎月自動で強制的に貯蓄をしてくれます。私もつい最近『はじめての人のための3000円投資生活』を読んで積立投信を始めました!

 

年金だけで老後を過ごすのは非常に困難な時代です。貯蓄を早いうちから始めれば始めるほど、当然貯蓄額は増えていきます。老後に楽をできるか否かは「今」貯蓄する習慣ができるか否かで決まってきてしまいます!

 

②人脈作りをはじめる

 老人の職探しは若者のときの職探しとは難易度が全然異なってきます。特別な人脈があったり、手に職を持てる専門性の高い職業であればいくぶんか職探しは楽になりますが、その他大勢は「使い捨て」のような扱いしかされないと断言できます!

 

ですので、若いうちに会社や趣味において人脈を培うことがおすすめです。

 

なお、会社で培った人脈にはちょっと注意が必要かもしれません。その人脈はあなたに帰属するものではなく、会社に帰属するものである可能性が大きいからです。つまりあなたが会社を去ったとき、その人脈は相手によっては「無価値」になる場合があるのです。

 

なので、会社や仕事で「のみ」の人脈では不十分であり、趣味においても人脈を作ることをおすすめしています。いまやSNSで数多くの人とつながることが可能になっています。「時間がない」と後回しにするのではなく、長い目で見た時に重要である「人とのつながり」を今から大切にしてください。

 

③副業をはじめる

終身雇用が崩壊しはじめている今、ひとつの企業に長く務めることはあまりなく、就業形態がどんどん変化しています。副業はアメリカでは「Side Hustle」と呼ばれ流行っているそうです!

 

これからより一層、企業は「必要な時に必要な分だけ」労働力を確保する動きになっていきます。つまり「短期の仕事」が増えていく時代です。

 

この「短期の仕事」になじむためにも、副業で適応能力を養うことが有利に働きます。ブログも副業のひとつで、すでに実行している若い方も多いはず!自分の力で稼ぐ能力はいつの時代においても大切になってくると思います。

 

おわりに:今からはじめられることはある

この記事を書くまで、自分に今からできることって貯蓄くらいかな。積立投資やっておこう。という感じで貯蓄だけは行っていましたが、もっとできることがあるんだと学べました!

 

いつの時代においても、人とのつながりは大切で避けては通れないと痛感。私もいい加減人嫌いを治さなくては…。

 

 

今回紹介した本はこちら↓ 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

次の記事はこちら

hkc27.hatenablog.com